文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月20日(木)付け紙面より

温海の活性化願う酒 摩耶山

 鶴岡市温海地域の限定販売酒「摩耶山」の新酒発表会が18日、あつみ温泉のたちばなやであり、関係者が今年の出来栄えを確認して販売開始を祝った。「しぼりたて」と「にごり酒」の2種類が20日(木)から温海地域の酒販店に並ぶ。

 清酒「摩耶山」は、温海地域の酒販店で組織する「酒徳会」(佐藤満也会長)が、地域の特産にと2005年から加盟店の限定で毎年販売。同地域の越沢の棚田を潤す摩耶山麓の湧水「郷清水」で栽培された「はえぬき」を100%使用し、東北銘醸(酒田市)に醸造を依頼している。地元産米を使った「ご当地限定酒」であるとともに、18年に行われた世界最大規模の酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」でトロフィー受賞の「初孫伝承きもと本醸造」と同じ製法で品質も折り紙付き。

 今年は東北銘醸の担当者によると「切れ良く仕上がった。料理に合う」という。いずれも720ミリリットルで「しぼりたて」(税込み1100円)を3500本、「にごり酒」(同1210円)1500本を、酒徳会加盟18店舗で販売する。熟成を経た「蔵出し原酒」(同1210円)は約1000本を7月から販売予定。

 発表会には酒徳会会員や地元の観光協会、商工会などの関係者ら55人が参加。佐藤会長は「地域活性化の願いを込めた酒。ぜひ温海の湯に入りに来て、摩耶山を味わってほしい」とアピール。自営業の万年周一さん(73)=同市湯温海=は「今年もいい出来。度数が19度近くと高めなのがいい」と上機嫌だった。

 摩耶山の新酒をはじめ、摩耶山ベースのカクテルなどが飲み放題になるイベント「第9回あつみ温泉・摩耶山新酒まつり」が3月7日(土)午後3時から、あつみ温泉朝市広場で開かれる。抽選券付き前売り券は1200円(当日券1500円)。新酒まつりに合わせ、あつみ温泉の宿泊施設では同日限定でお得な宿泊プランも用意。JRあつみ温泉駅と会場間で無料のシャトルバス運行もある。

 翌8日(日)には在来野菜「越沢三角そば」が伝わる越沢でのそば打ち体験と、東北銘醸酒蔵見学などを盛り込んだツアーも開催。参加費1人4500円。あつみ観光協会では「まつり当日はお酒を堪能してあつみ温泉に泊まり、ぜひ翌日のツアーにも参加を」とPRする。問い合わせは同観光協会=電0235(43)3547=へ。

温海地域限定販売の日本酒「摩耶山」の新酒を堪能する参加者
温海地域限定販売の日本酒「摩耶山」の新酒を堪能する参加者



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field