文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 11月24日(火)付け紙面より

高校生 鶴岡産シルクの魅力アピール シルクガールズコレクション

 鶴岡市の伝統産業「シルク」をテーマにしたイベント「シルクノチカラ2020」が22日、同市の荘銀タクト鶴岡で開かれた。市内の高校生たちが、鶴岡のシルクの歴史やシルクチーフ製作などに関する課題研究を発表するとともに、鶴岡産シルクを使ったファッションショー「シルクガールズコレクション」でシルクの魅力をアピールした。

 鶴岡「サムライゆかりのシルク」推進協議会(会長・皆川治市長)が昨年度に続き開いた。同市が2017年に日本遺産「サムライゆかりのシルク」に認定されたことを踏まえ、若者が伝統的な地域資源を生かし取り組む成果を紹介するもの。

 前半の課題研究発表会では、鶴岡工業高定時制、同全日制、鶴岡中央高、鶴岡南高の3校の4チームが、鶴岡のシルクの歴史や養蚕の自動化、絹タンパクの抽出などについて発表。このうち鶴工全日制は創立100周年を記念し、自分たちでデザインや捺染を行いシルクチーフを製作した経緯を発表し、「ものづくりの楽しさを実感できた」とした。

 後半のシルクガールズコレクションは、鶴岡中央高総合学科家政科学系列被服系の生徒が2010年度から続けているもので、11回目の今年は2、3年生29人が参加した。リーダーの齋藤琳さん(17)=3年=は冒頭、「コロナ禍で先が見通せない状況だからこそ、希望を持って前に進み、鶴岡シルクを通し世界とつながりたい」とあいさつ。学校再開(5月25日)後の7月から制作した鶴岡産シルク100%のウェディングドレス3着をはじめ、シルクを使った44着を、自分たちがモデルとなって披露、会場から惜しみない拍手が送られた。

シルクに関する調査・研究の成果を披露した課題研究発表
シルクに関する調査・研究の成果を披露した課題研究発表

惜しみない拍手が送られたシルクガールズコレクションのフィナーレ
惜しみない拍手が送られたシルクガールズコレクションのフィナーレ



日付の新しい記事へページを移動する

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field