文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 1月14日(木)付け紙面より

庄内冬の味覚 「寒ダラ漁」始まる

 庄内浜の冬の底引き網の「寒ダラ(マダラ)漁」が始まった。12日は鶴岡市の由良漁港と鼠ケ関港にそれぞれ100匹ほどが水揚げされた。漁はまだ「走り」の段階だが、8キロ台の寒ダラの入網も見られ、港は活気づいた。今月下旬から2月にかけて漁は本格化する。

 庄内では冬の時期に捕れるマダラを寒ダラと呼んで珍重する。引き締まった身や白子、アブラワタ(肝臓)、アラを一緒に煮込む「どんがら汁」は、庄内の冬を代表する味覚となっている。

 由良漁港では12日昼すぎ、底引き網船6隻が次々と寄港し、ハタハタや紅エビ、マダイ、ズワイガニなどとともに、マダラを水揚げしていた。このうち輝修丸は1匹3―7キロのマダラ約30本を漁獲した。石塚修船長(51)は「5日も出漁したが、タラは狙えなかった。きょうは平均5キロ程度。まだ始まったばかりの“走り”で、初漁は毎年こんな感じだ。本格化するこれからに期待したい。ただ、しけで漁に出られない日が多くなるだけに、なぎの日が続いてくれることを願っている」と話していた。

 鶴岡市加茂の県水産研究所によると、昨年の庄内浜全体の寒ダラ(1―2月)の漁獲量は平年並みの274トンだった。出漁状況にもよるが、今季についても平年並みの水揚げが見込まれている。

底引き網船から丸々と太ったマダラが水揚げされ、今季の寒ダラ漁が始まった=12日午後1時すぎ、鶴岡市・由良漁港
底引き網船から丸々と太ったマダラが水揚げされ、今季の寒ダラ漁が始まった=12日午後1時すぎ、鶴岡市・由良漁港



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field