文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 2月23日(火)付け紙面より

庄内自然エネルギー発電 基金の有効活用図る協議会設立

 遊佐町で大規模太陽光発電施設「庄内・遊佐太陽光発電所」を運営する特定目的会社「庄内自然エネルギー発電」(社長、新田嘉七平田牧場社長)による基金の有効活用を図るための協議会の設立総会が22日、酒田市のガーデンパレスみずほで開かれた。総会終了後、同社は昨年に引き続き、発電に伴う収益を持続可能な地域づくりに活用するため1000万円を寄付した。

 同社は、生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ生協、伊藤由理子会長)、庄内の提携生産者などによる「庄内親生会」が出資し設立。食(Food)、エネルギー(Energy)、福祉(Care)の自給圏構築に向けた「庄内FEC自給ネットワーク」構想の一環として、遊佐町吉出の砕石会社跡地約31ヘクタールに出力18メガワットの発電施設を建設、一昨年2月から稼働している。一方、同社と生活クラブ生協、酒田市、遊佐町、庄内親生会の5者は同5月に行われた発電施設竣工式の席上、基金創設に向けた共同宣言協定を締結し、1000万円を寄付。これに基づいて市は「庄内自然エネルギー発電基金」を創設した。

 この日は新田社長、伊藤会長、丸山至酒田市長、時田博機遊佐町長、庄内親生会の白崎好行専務理事が出席。協議会会則、協議会運営委員会規約を承認。21年度中は事務局体制の強化を図り、22年度以降、庄内FEC自給ネットワーク構想に沿った事業に対して助成を行う方針。

 贈呈式では新田社長が丸山市長に寄付金の目録を手渡し、「FEC構想に沿った素晴らしい街づくりを行い、この動きが全国に広がることを期待したい」と述べた。

贈呈式で、記念撮影を行う新田社長(左から2人目)はじめ5者
贈呈式で、記念撮影を行う新田社長(左から2人目)はじめ5者



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field