文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 3月6日(土)付け紙面より

コロナ禍多くの支えに感謝 鶴岡准看護学院 男女16人卒業看護の道へ

 鶴岡准看護学院(福原晶子学院長)の卒業証書授与式(第61回)が4日、鶴岡市馬場町の同学院で行われた。2年制の教育課程を終えた16人(女性14、男性2)が卒業した。

 福原学院長は「新型コロナウイルス感染拡大もあって、全国の看護に携わる人たちが不安に駆られている。そうした中でも、卒業後、常に学びの心を実践してほしい。また感謝の心を持ち続けてほしい」と式辞を述べた。卒業生答辞では工藤宮子さん(35)が「コロナの中の大変な時期でも実習を受け入れてくれた病院。どんな時も支えてくれた家族。たくさんの人に支えられて16人がそれぞれ誇りを持って歩んでいきます」と語っている途中、感極まって言葉に詰まるシーンも。「一番前の同じ卒業生が涙を流していて、もらい泣きしてしまった」と振り返っていたが、多くの人がもらい泣きした。それぐらい密度の濃い2年間だった。工藤さんは鶴岡市内の内科医院に就職する。

 最後は1年生(18人)から花束をもらって笑顔で退場。皆勤賞をもらった小林空太(そらた)さん(20)は「患者にきちんと寄り添えるよう頑張ります」と誓っていた。同学院は今春の新入生が最後の入学生で、卒業後閉院される。

後輩に花束を贈られ学び舎を巣立った
後輩に花束を贈られ学び舎を巣立った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field