文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 1月12日(水)付け紙面より

路線バスの旅 楽しみませんか(庄内交通)新たなコンテンツづくり 「バス印帳」の実証運行!! 海と山の恵みあふれる観光路線 オリジナルスタンプ集め思い出づくり

 路線バスの利用促進と地域の観光振興を図ることが目的。庄交トラベル事業部、アド事業部、デガム鶴岡ツーリズムビューローと連携して取り組む。

 利用の仕方は1鶴岡市錦町のエスモールバスターミナルで「バス印帳」(数量限定無料配布、1人1冊)をもらう2対象路線を確認してバスに乗る3運賃を支払い、車内で用意されているスタンプを印帳に押す4バスを降りて旅の記録を残すとともにアンケートに記入する―という流れだ。

 庄内交通に41路線あるうち、実証運行の対象にしたのは観光路線として利用がある▽鶴岡―加茂水族館―湯野浜温泉線▽鶴岡―随神門―羽黒山頂線▽鶴岡―落合―朝日庁舎線の3路線。クラゲで知られる加茂水族館、日本遺産の一つ羽黒山、フルーツや山の恵みが楽しめる朝日方面の路線を選んだ。鉄道マニアの間で人気の「鉄印帳」のようにバス印帳にオリジナルスタンプを集め、旅の思い出作りを楽しむ。

 期間は、11日から31日(月)まで。湯野浜温泉線は平日で1日8往復、羽黒山頂線は9往復、朝日庁舎線は5往復運行している。3路線すべて達成すると、合計9つのオリジナルスタンプを集めることができる。

 アンケートは▽路線バスを利用する頻度▽今後、バス印帳のイベントがあれば参加したいか▽バス印帳のいいところと改善すべき点は―などを質問、集計して2月中に結果や動向をまとめる。

 庄内交通の高橋広司常務取締役は「移動手段だけの路線バスではなく、ローカルな旅を楽しんでもらえれば。(路線バスの)新たな活用を模索していきたい」と話している。

 バス印帳に関する問い合わせは庄内交通鶴岡営業所=電0235(22)2600=へ。

庄内交通の「バス印帳」。3路線すべてのバス停も明記されている
庄内交通の「バス印帳」。3路線すべてのバス停も明記されている

降りるときにオリジナルスタンプを押す
降りるときにオリジナルスタンプを押す



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field