文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2005年(平成17年) 8月5日(金)付け紙面より

深まる「鶴亀交流」京都府亀岡市の安祥児童 西郷小訪れ友情固く 姉妹校盟約

 鶴岡市の西郷小学校(鈴木清人校長、児童143人)と姉妹校の盟約を結ぶ京都府亀岡市の安詳小学校(竹岡敏校長、児童596人)の6年生児童が3―5日の日程で初めて西郷小を訪れ、「鶴亀交流」活動を通して友情を深めている。

 両校の交流は、以前に鶴岡市農協が亀岡市を視察に訪れたことをきっかけにした「鶴亀交流」で始まった。西郷小では2002年度から本年度までの4年間、6年生が修学旅行で安詳小や京都市を訪れるなどし交流。昨年5月の訪問で姉妹校の盟約を結んだ。

 今回の来鶴は、安詳小が本年度から2カ年で指定を受けた文部科学省の「豊かな体験活動推進事業」を活用して実現した。3日から5日までの2泊3日の日程で、6年生の希望者32人と竹岡校長や引率教師の計37人が訪れ、西郷小の6年生児童宅にそれぞれホームステイするなどの交流を繰り広げている。

 4日は、西郷小体育館で両校の6年生同士が参加して歓迎会が開かれた。両校児童が「京都で友達になった皆さんと再会できうれしい」「西郷小の6年生全員と仲良くなって京都に帰りたい」とあいさつ。ゲームであらためて交流。続いてバス2台に分乗し、櫛引町でのぶどう狩りや朝日村田麦俣の多層民家見学、羽黒山の石段上りなどを通じ、友情を深めながら庄内地方の歴史や風土の一端をともに学んだ。

 安詳小の竹田校長は「以前から西郷小を訪れたいと思っていたのでうれしい。今後も日常の取り組みで友情を深め、末永くお付き合いをしていきたい」と話し、「鶴亀交流」がさらに深まることを期待していた。

「鶴亀交流」で友情を深める西郷、安詳両校の6年生児童たち
「鶴亀交流」で友情を深める西郷、安詳両校の6年生児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field