文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 4月10日(火)付け紙面より

大会での健闘祈る NPO愚山会 愛光園にホッケー用具寄贈

 「リサイクル資源で福祉施設に車いすを贈ろう」をスローガンにするNPO法人の愚山会(鶴岡市道形町、佐藤満子理事長)は8日、鶴岡市藤沢の知的障害者授産施設「愛光園」(鈴木博道園長)へフロアホッケーの用具一式を寄贈した。

 同会は2000年に設立。鶴岡市へ資源回収実施団体として登録し、はし袋やジュース缶などのプルタブ、古新聞などのリサイクル資源を報奨金に替え、福祉施設への物品贈呈に充てている。これまで市内の老人ホームなどにリクライニングシート付き車いすやカラオケ機器などを贈っている。

 今回は、愛光園の入所者などでつくるフロアホッケーチーム「アイスモンスターズ」が、第4回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム(来年3月7―9日、山形市など)へ出場するが、用具が不足していることを聞き、ヘルメットやレガースなど9人分の用具を贈呈することになった。

 この日、佐藤理事長など会員12人が愛光園を訪れ贈呈式が行われた。佐藤理事長は「多くの人たちの協力で用具をそろえることができました。大会での健闘を祈ります」とあいさつ。これを受け、選手代表が「用具が増え、これからの練習に熱が入ります。大会に向けて頑張ります」と謝辞を述べた。

 贈呈式後、メンバーによる紅白試合が行われ、愚山会の会員たちはスピード感あふれるゲームを観戦した。
          

佐藤理事長(右)たちが愛光園へフロアホッケー用具を贈った
佐藤理事長(右)たちが愛光園へフロアホッケー用具を贈った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field