文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 6月29日(金)付け紙面より

ミュージカル「星の王子さま」本番向け合唱練習 東京演劇集団「風」と共演 10月1日に酒田・若浜小で

 文化庁主催の「本物の舞台芸術体験事業」として東京演劇集団「風」によるミュージカル「星の王子さま」が今年10月、酒田市の若浜小学校(松川てい子校長、児童383人)で上演される。ミュージカルには同校の全児童と教職員も合唱などで出演。ワークショップが28日、同校で開かれ、本番に向け児童たちが同集団スタッフから指導を受けた。

 同事業は、小学生から高校生までが芸術文化団体の実演指導やワークショップ、舞台での共演などに参加して本物の舞台芸術に触れる機会を提供するとともに、優れた舞台芸術の鑑賞を通して芸術を楽しむ心をはぐくみ、豊かな情操を養ってもらおうというもの。

 全国各地の小・中・高校が各県教育委員会などを通じ文化庁へオペラやミュージカル、文楽、オーケストラなどの公演依頼を行い、公演スペースなどの審査を経て開催校が選ばれる。県内では本年度、同校と天童市の蔵増小学校の2校で、同集団がミュージカルを公演することが決まった。

 若浜小のワークショップは同校体育館で行われ、同集団上演企画部の西垣耕造さん、王子さま役の白根有子さんら5人が来校した。体を犠牲にした王子さまの魂だけが自分の星に帰るシーンで歌う「僕は行く」、フィナーレで声を合わせる「光と影」など児童による合唱部分を中心に練習。西垣さんらの指導で館内に歌声を響かせた。

 西垣さんは「この公演を通し作者、サン・テグジュぺリの言葉『目に見えない大切なもの』を探してほしい」、白根さんは「台本を何度も読んで良い公演にして」と児童たちにエール。松川校長は「ミュージカルを見ることはできても、一緒につくるということは一生できない経験。期待している」と話していた。

 ミュージカル「星の王子さま」は、10月1日午後2時から若浜小体育館で上演される予定。
          

10月の本番に向けワークショップが開かれた
10月の本番に向けワークショップが開かれた


2007年(平成19年) 6月29日(金)付け紙面より

庄内の夏山 コースと魅力紹介 庄内観光コンベンション協会 ガイドブック発行

 庄内観光コンベンション協会は、夏山シーズンを前に鳥海山や月山などの代表的な登山コースやみどころを紹介した「出羽庄内まるごとトレッキングガイドブック」を発行した。

 中高年などのトレッキングブームにより、作家・深田久弥著作の「日本百名山」に名を連ねる鳥海山、月山をはじめ、庄内地域の山々をトレッキングで訪れる観光客が多くなっている。

 ガイドブックは、標高2000メートル超の高山から里山までが楽しめる庄内地域の山と代表的なコースを紹介し、夏山シーズンに向け観光誘客につなげようと作成した。

 鳥海山は鉾立・大平と湯の台、ニノ滝各ルートの計6コース、月山は八合目ルート計2コース、湯殿山は六十里越街道2コース、羽黒山は五重塔を巡る石段コース、以東岳は大鳥池から山頂を目指すコースをそれぞれ紹介している。

 各コースとも1ページ単位で掲載。上りと下りのポイントごとの所要時間、チョウカイフスマやクロユリ、ヒメサユリといった各山の代表的な高山植物のカラー写真、ルートマップをまとめ見やすい構成となっている。

 さらに、歩くコツや服装、高山植物など「山の豆知識」、巻末には各山の山岳ボランティアガイド代表者からのアドバイスなども掲載し、トレッキングの合間に楽しめる内容とした。

 大きさは携帯にも配慮し縦20センチ、横10センチのポケットサイズ。計2000部を作成し庄内地域の各観光協会や観光案内所をはじめ県の東京、大阪、名古屋の各事務所などに設置する。

 問い合わせは庄内観光コンベンション協会=電0235(68)2511=へ。

夏山シーズンを前に発行された「出羽庄内まるごとトレッキングガイド」
夏山シーズンを前に発行された「出羽庄内まるごとトレッキングガイド」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field