文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2013年(平成25年) 2月13日(水)付け紙面より

鶴岡ジュニアオーケストラ 息の合った演奏ソロパート披露

 鶴岡市内の小中学生らで構成する鶴岡ジュニアオーケストラ(加藤次郎代表)のコンサートが10日、市文化会館で開かれ、メンバーたちが練習の成果を披露し、訪れた家族らから大きな拍手が送られた。

 このオーケストラは、音楽活動を通して児童生徒の交流と健全育成を図ろうと2003年4月に社会教育団体として設立。現在は小中学生38人と高校生以上の指導者44人の計82人が団員として所属。週1回、市中央公民館などで練習に励んでいる。

 コンサートは市管弦楽社会教育連盟の主催で毎年開き、今年で10回目。同連盟に加盟するジュニアオーケストラ、鶴岡フィルハーモニー管弦楽団、おんがくハウス・バイオリンコースのほか、SAGAEバイオリン教室、鶴岡南高吹奏楽研究会が出演した。

 3部構成のステージで第1部はジュニアオーケストラの単独演奏で、「威風堂々」「幻想即興曲より」「エブリディ・カチューシャ」など5曲を披露。クラシックの重厚で美しい旋律やポピュラーの軽快で明るいヒット曲を、子供と指導者たちが奏でた。子供たちがパートごとにステージの前部に登場したソロ演奏では、各パートに大きな拍手が送られていた。

 第2部は各団体のバイオリンや金管、木管などのアンサンブルによる交流演奏、第3部は鶴岡フィル、ジュニアアドバンスオーケストラ、連盟加盟団体による合同オーケストラがそれぞれ演奏し、聴衆を楽しませた。

息の合った演奏を披露し大きな拍手を受けた鶴岡ジュニアオーケストラ
息の合った演奏を披露し大きな拍手を受けた鶴岡ジュニアオーケストラ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field