文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2013年(平成25年) 2月14日(木)付け紙面より

チャペルに弦楽の響き 酒田光陵高 新装・酒田キリスト教会で披露

 県立酒田光陵高校音楽部管弦楽班(顧問・前田孝夫教諭ら)の弦楽アンサンブルコンサートが11日、酒田市光ケ丘一丁目の酒田キリスト教会(高橋富三牧師)で開かれ、新装したチャペル(礼拝堂)に弦楽器の優しい音色が響き渡った。

 昨年4月に、同市内の公立4高校が統合して酒田光陵高が誕生。同班は旧酒田中央高音楽部の活動を引き継ぎ、昨年8月には同市の希望ホールで第1回定期演奏会を開催した。現在は元木千尋部長ら1、2年生計13人で活動している。

 一方、同教会は昨年に全面改築。11月中旬に完成し、翌12月には装いを新たにした礼拝堂を使って「ニューチャペル 市民クリスマスコンサート」を開催した。

 その際、同班も参加したことを縁に、旧酒田中央高時代から恒例になっているアンサンブルコンサートの会場としてチャペルを借りたいと申し出。「市民に開かれた教会」を目指す同教会が快諾し、この日の演奏会が実現した。

 新しいチャペルにふさわしい曲としてバッハの教会カンタータ「主よ、人の望みの喜びよ」でオープニング。その後、スタジオ・ジブリの音楽から「となりのトトロ」や、AKB48の「ヘビーローテーション」などのヒット曲メドレーを演奏。班員が元AKBメンバーの物まねを交えて曲を紹介し、会場を沸かせた。

 また、同校音楽部吹奏楽班が賛助出演。クラリネット、フルートの三重奏を披露した。最後は東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」を、吹奏楽班メンバーの合唱とともに演奏。詰め掛けた観客約120人から、大きな拍手を受けた。

新装された酒田キリスト教会のチャペルが弦楽器の優しい音色に包まれた
新装された酒田キリスト教会のチャペルが弦楽器の優しい音色に包まれた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field