文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2015年(平成27年) 9月22日(火)付け紙面より

鶴岡・下山添の八幡神社祭典 「流鏑馬」を披露

 鶴岡市下山添の八幡神社(佐藤信弘宮司)で20日、例大祭が行われた。地元住民たちが流鏑馬(やぶさめ)などの神事を見物しながら、身体堅固や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願した。

 同神社は806(大同元)年に創建されたと伝えられている。古文書がなく由来は不明だが、戦国時代の武将・最上義光が同神社に「石高」を与えていたとされ、その時代から戦勝を祈る流鏑馬が続けられてきたという。

 この日は午後2時すぎから同神社の社殿で祭典が行われた後、にぎやかな笛と太鼓の音色に合わせてみこしや獅子舞、天狗(てんぐ)舞などの行列が境内を3回くねった。

 例大祭の見ものとなる流鏑馬は、昔は馬上から弓を射ていたが現在は馬駆けがメーンとなっている。今回も地元住民が自ら所有する1頭の馬にまたがり、境内の長さ約80メートルの直線を駆け抜ける流鏑馬を3回披露。前駆けの若者たちが「わーっ」と大声を上げながら走り、その後ろを2人に引かれた馬が駆ける様子に、大勢の祭り客からは「すごいね」「頑張れ」と歓声が上がっていた。

地元住民が馬にまたがり境内を駆け抜ける「流鏑馬」が披露された
地元住民が馬にまたがり境内を駆け抜ける「流鏑馬」が披露された



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field