文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 6月9日(日)付け紙面より

ものづくりの楽しさ体験 鶴岡少年少女発明クラブ

 鶴岡市と三川町の少年少女発明クラブで活動する子どもたちが8日、同市の山形県自動車販売店リサイクルセンター庄内事業所で、自動車の解体に取り組んだ。ドライバーやレンチなどを使ってボンネットやドアなどを取り外し、ものづくりの楽しさに触れた。

 鶴岡少年少女発明クラブ(奥田満哉会長、メンバー33人)では、地元企業から自動車の提供などで協力を得て、約10年前から自動車解体体験を実施。クラブ間交流を図ろうと、近年は三川の発明クラブも招待している。

 この日は小学生から中学生まで、鶴岡と三川合わせて41人が参加。同事業所の社員から自動車解体業務の実演説明を受けた後、5台の解体に挑戦。目につくねじやナットから取り外していき、外装など大きなパーツが外れると達成感をあらわにした。

 渡邉紬さん(9)=朝暘三小4年=は、妹の玖音さん(8)=同小3年、弟の佑哉君(4)と参加。「ヘッドライトも取り外せた。物を作ったりするのが大好き。将来は生物関係の科学者になりたい」と話していた。

発明クラブの子どもたちが自動車の解体に取り組んだ
発明クラブの子どもたちが自動車の解体に取り組んだ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field