文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 7月20日(土)付け紙面より

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。

 同合唱団は1950年設立。海外のフェスティバルやコンクールにも参加し数々の賞を獲得し、CDやDVDに演奏が収録されるなど高い音楽性と芸術性が評価されている。15日に東京都内で開催された「第3回東京国際音楽祭《奏》」に合わせて来日。約2週間の滞在中、神奈川県の横須賀市、鎌倉市、鶴岡市で交流の演奏会が企画された。

 鶴岡が最後の交流地で、20日まで3泊4日の日程で、市内の家庭にホームステイしながら滞在。15―20歳の団員37人が訪れ、鶴岡東高、鶴岡北高で茶道や書道など日本文化体験を通して同年代の生徒たちと交流。羽黒山の石段登りなど鶴岡の文化にも触れた。

 鶴岡でのコンサートは、日本とポーランドの国交樹立100周年も記念し、友好コンサートとして庄内地区高校文化連盟合唱専門部が主催し、地元から鶴岡北、鶴岡中央、鶴岡東、羽黒の各高校の合唱部も出演。各校の歓迎演奏に続いて、同合唱団がクラシックや民族音楽、アメリカンジャズなど幅広いジャンルの10曲を披露した。

 コミカルな演出やミュージカル風の演奏、ボディーパーカッションなども取り入れた多彩な演奏を繰り広げ、日本の「さくら」も披露。高い技術に支えられたハーモニーが、詰め掛けた市民やホームステイ先の家族ら大勢の聴衆を楽しませ、最後は地元高校生と一緒に100人を超える「赤とんぼ」の大合唱で大きな拍手を浴びた。

 地元の音楽関係者は「これほどの女声合唱団の演奏を聞く機会はめったにない。出演した高校生たちにとって、大きな刺激になったのでは」と話した。

スコブロンキ女声合唱団が来鶴し、地元の高校生たちとの合唱で友好のハーモニーを響かせた=18日、鶴岡アートフォーラム
スコブロンキ女声合唱団が来鶴し、地元の高校生たちとの合唱で友好のハーモニーを響かせた=18日、鶴岡アートフォーラム



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field