文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 9月19日(木)付け紙面より

八幡小児童対象に絵画教室

 酒田市の八幡小学校(高橋健校長)の全校児童145人と教職員が18日、企画展「あべとしゆき水彩画展―静けさを聴くために」開催中の本間美術館(酒田市御成町、田中章夫館長)を訪問、作品を展示している酒田市出身の水彩画家、あべとしゆき(阿部智幸)さんの案内で絵画作品に親しんだ。

 あべさんは1959年生まれ。新聞社デザイナーや美術教師を経て2008年から水彩画の制作を中心に活動し、10年に内藤秀因記念水彩画公募展で大賞、翌年には日本水彩展で上野の森美術館賞を受賞。12年にはスペインの国際水彩画展に出品するなど国内外で活躍している。

 本年度に創立10周年の節目を迎えた同校の校章デザインを担当し、児童たちからあべさんの作品に親しんでもらおうと本間美術館の協力で絵画教室を企画した。

 あべさんは児童たちに対して自らの作品一点一点を詳しく説明、「動くものを描き入れると時間が止まったようになってしまうため、描いていない」「白色は使わずに紙の色で表現している」「年間に150点ほどの作品を描く」「モノを見て『きれいだな』と思う気持ちを持って」などと精力的に紹介していた。

 午後からは同校で全校児童を対象にした水彩画講座も実施。来月27日(日)に開催する創立10周年記念式典の際、あべさんが講演する予定。

 一方、水彩画展では18年刊行の「静けさを聴くために―あべとしゆき水彩詩画集」(日貿出版社)に掲載された作品を中心に55点を展示。会期は30日(月)まで。

八幡小児童たちを前に作品を解説するあべさん(左)=本間美術館
八幡小児童たちを前に作品を解説するあべさん(左)=本間美術館



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field