文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月9日(日)付け紙面より

地域支える助け合い精神 鶴岡第一学区小中学生 笑顔の除雪ボランティア

 鶴岡市第一学区コミュニティ振興会(鈴木淳士会長)の除雪ボランティア活動が8日、同学区内で行われた。小中学生たちが民生委員や町内会役員といった大人と一緒に、独居老人宅の雪かきに取り組み、助け合いの精神を養った。

 朝暘一小の6年生と鶴岡三中の1、2年生有志を対象にボランティアを募り、2005年度から継続している活動。冬季間週1回ほど定期的に実施している。

 本年度は小中学生計18人が参加登録。一人暮らしの高齢者宅約30軒から雪かきの申し込みがあった。計画では1月の第3週に始まり、その後2月第3週までの毎週土曜日に実施予定だったが、少雪で8日が活動の初日となった。

 この日は、前日から断続的に降り続いたため学区内は真っ白。午前9時に第一学区コミセンに集合後、大人に引率されて13人の子どもたちがスコップを片手に各地区へ繰り出した。

 このうち城南町では、中学生3人と大人3人で6軒を除雪。訪問先で「ありがどのー」「すごい助かるー」などと歓迎を受け、玄関先の雪を片付けた。

 鶴岡三中2年の佐藤菜々美さん(14)は生徒会執行部に所属していることから初参加。「湿り気があって結構重い。でも喜んでもらってうれしい」と笑顔だった。

独居高齢者宅の除雪を手伝う中学生たち=8日、鶴岡市城南町
独居高齢者宅の除雪を手伝う中学生たち=8日、鶴岡市城南町



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field