文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月13日(木)付け紙面より

鶴岡16日まで日本遺産ウイーク 五百羅漢堂を特別公開

 文化庁と日本遺産連盟が定める日本遺産の日(2月13日)に伴い、鶴岡市では「日本遺産ウイーク2020in鶴岡」を展開している。16日まで3つの日本遺産(出羽三山、サムライゆかりのシルク、北前船・船主集落)の構成文化財と関連地域内の施設、空港などで期間を通じてイベントが行われている。このうち、北前船・船主集落の構成文化財として同市下川の龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)では、通常閉じている五百羅漢堂を特別公開。堂内部に安置される木像500体余を間近に見ることができる。中には創建から160年以上が経過し老朽化が進んでいることを受け、2015年度から20年計画で東北芸術工科大文化財保存修復研究センターによる仏像群の現状維持修復事業「五百羅漢像修復プロジェクト」で修復された像も並ぶ。顔のつくりや表情、ポーズ、身に付けている袈裟(けさ)の模様まで細部にわたる違いがうかがえる。

 同寺では「大漁旗」をモチーフにした来山記念クリアファイル(300円)を販売するほか、五百羅漢堂限定御朱印(500円)も販売している。期間中、「サムライゆかりのシルク」にちなみ同市羽黒町の松ケ岡開墾記念館では13日に無料開放し、併せて「松ケ岡冬まつりウイーク」を展開。JR鶴岡駅、庄内空港では企画展示が行われている。

特別公開されている五百羅漢堂内部
特別公開されている五百羅漢堂内部

五百羅漢堂限定御朱印
五百羅漢堂限定御朱印



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field