文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月27日(木)付け紙面より

国内拡大防止へ基本方針確認 県の新型肺炎感染対策本部

 県は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・吉村美栄子知事)の第2回会議を開き、政府が決定した国内のウイルス感染拡大防止に向けた基本方針を確認するとともに、県内での各種対応について申し合わせた。

 会議には吉村知事をはじめ各部局の部課長など30人余りが出席。国内外での患者発生状況について全国1都15道府県と海外在住など合わせて127人の患者が発生していることを確認し、本県では今月24日まで20人を検査し、全員が陰性だったことが報告された。

 また、県内での対応としてはこれまでの指定医療機関による患者の受け入れ態勢整備や、各保健所への相談窓口の設置、酒田港や庄内、山形の両空港での水際対策の実施などを確認。教育関係では県立中高校の卒業式は出席者の限定、時間短縮をして実施する方針などを挙げた。出席者は卒業生と保護者、教職員、来賓、必要最低限の在校生とする。

 このほか、ウイルスの影響で県内の観光業者や製造業者が売り上げ減少など経営に影響が出ている現状を踏まえ、県商工業振興資金(地域経済変動対策資金)による資金繰りの支援など対応策を確認した。

自主的対応で安全性PR 鶴岡市内のタクシー会社
車内消毒や体調チェック入念に

 新型コロナウイルス対策で鶴岡市内のタクシー会社が車内のアルコール消毒や、運転手の体調チェックなどに自主的に取り組んで安全性をPRしている。県外でタクシー運転手の感染が確認される中、タクシー業界への風評を払拭(ふっしょく)したい考えだ。

 鶴岡市の出羽ハイヤーでは、この時期の売り上げが前年比で4割減と深刻な状況という。松本元朝(もとより)社長(60)は「暖冬で利用者が少ない。そこに輪を掛けるようにタクシー運転手の感染確認。業界全体に対する悪い風評まで広まっている」と頭を抱える。国や各地方自治体の公表などによると、タクシー運転手の感染は、13日に確認された東京都内の70代男性をはじめ、神奈川県、沖縄県でも確認された。

 同社では15日からコロナウイルス対策を始めた。乗車ごとに、車内の手すりなどのアルコール除菌を徹底するほか、客の了承を得られれば走行中の換気も行う。勤務開始前には体温計測も実施、37・5度以上は自宅待機にするという。マスク着用も徹底したいが、マスク自体入手困難な状況が続いている。マスク探しで社員はほぼ毎朝奔走するも、十分な数は確保できていない。

コロナウイルス対策で利用客が触れる箇所を重点的に除菌タオルなどで拭う出羽ハイヤーの運転手=21日
コロナウイルス対策で利用客が触れる箇所を重点的に除菌タオルなどで拭う出羽ハイヤーの運転手=21日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field