文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 3月28日(土)付け紙面より

愛称は「MIRAINI」 JR酒田駅前公共施設

 酒田市のJR酒田駅前で進む駅周辺整備事業のうち、拠点となる複合施設に関連して市は26日、ライブラリーセンターが入る公共施設の愛称が「MIRAINI(ミライニ)」に決まったと発表した。ミライニや新ホテル・レストランなどの先行オープン日は今年11月3日(火)で、会見に臨んだ丸山至市長は「未来に活躍する人材を育てる施設にしたい。市民に広く浸透し愛される施設に」と話した。

 同事業は、同市と西松建設の共同出資による「光の湊」が事業主体となり、第1種市街地再開発事業として駅前の旧ジャスコ跡地を中心とした敷地約1・4ヘクタールに、市の公共施設、民間のホテルやレストランなどが入る複合施設(A棟)、バス待合室や店舗も入る立体駐車場(B棟)、分譲マンション(C棟)を整備する。

 市は今回、これまで市コミュニケーションポート(仮称)と呼んでいた新公共施設の愛称考案、ロゴデザインを東北芸術工科大グラフィックデザイン学科の原高史学科長・教授(現代美術)に依頼。原教授の指導で芸工大生・卒業生有志がプロジェクトチームを組織して取り組んだ。

 「愛称は300案、ロゴは200案から選んだ。いずれもあり得ないくらいの数」(原教授)で、愛称は「未来に向かう」「未来に羽ばたく」「ここから始まる」と未来への期待を込めて命名。ロゴは「人が集まり、交流し、対話をしながら学び、未来で活躍していく」をコンセプトに▽本▽船▽芽吹き▽鳥▽灯台―を一体化させたという。

 この日はまた、いずれもA棟に入る月見(酒田市あきほ町、白旗夏生社長)が運営するホテル「月のホテル」、レストラン「月のみち」、日新開発(同市幸町一丁目、五十嵐渉社長)によるレストラン「ル・ポットフー」と、「光の湊」の新たなロゴも発表された。

 丸山市長は「愛称、ロゴともより多くの市民から認知してもらい、親しんでもらいたい。人・物・事が行き交い、知的好奇心が触発され、未来に活躍する人材を育てる施設にしていきたい」と話した。複合施設全体の供用開始は2022年4月を予定している。

ロゴマークを発表する芸工大の学生ら
ロゴマークを発表する芸工大の学生ら



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field