文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 6月25日(木)付け紙面より

「食のてはがき」事業スタート 鶴岡市のデガム鶴信金連携協定 誘客へ飲食店情報発信

 鶴岡市のDEGAM(デガム)鶴岡ツーリズムビューロー(理事長・皆川治市長)と鶴岡信用金庫(佐藤祐司理事長)は23日、観光による交流人口拡大に向けた連携協定を締結した。信金の全国ネットワークを活用した観光招致、観光情報発信に取り組み、地域活性化につなげる。連携による共同企画として29日から、旅行者に市内の飲食店を紹介し感想を寄せてもらう「鶴岡 食のてはがき」の事業をスタートする。

 連携による協力事項は▽観光や地域産品などの情報発信▽観光誘客、受け入れに関する人材交流と事業協力▽地域資源を活用した市内周遊促進―など6項目。この日、同信金本部で締結式を行い、皆川市長と佐藤理事長が協定書を交わし、「新型コロナウイルスの経済対策となる国や県の観光キャンペーン事業も取り入れ、鶴岡の観光を少しでも前進させるため、連携を弾みにしたい」などと述べた。

 鶴岡信金は2005年から全国の信金ネットワークを生かして年金友の会や旅行会を庄内地域に招致する活動を展開。これまでに70団体、約2万人が訪れており、このほど第23回信用金庫社会貢献賞「Face to Face賞」を受賞した。協定を契機に取り組みを強化する。

 デガムと鶴岡信金の共同企画「食のてはがき」は、賛同を得たJR鶴岡駅前周辺の飲食店15店舗を対象に実施する。各店舗の情報と料理写真を配したはがきを1店舗当たり2000枚、計3万枚準備し、市観光案内所などで旅行者に配布。「てはがき」を持って店で料理を食べた感想を書き込んでもらい、これを「口コミ」情報として発信し、誘客促進につなげていく。

共同企画として29日から配布される「鶴岡 食のてはがき」
共同企画として29日から配布される「鶴岡 食のてはがき」

連携協定を締結した皆川市長(左)と佐藤理事長
連携協定を締結した皆川市長(左)と佐藤理事長



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field