文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 6月26日(金)付け紙面より

公益大スルトノフ教授の研究論文 「学術賞」受賞喜ぶ

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)で教壇に立つスルトノフ・ミルゾサイド教授(国際経済学など)による研究論文「キルギス共和国における送金と実質実効為替レートの因果関係について」が、2019年度日本経済政策学会「学術賞」を受けた。中央アジア・タジキスタン共和国出身のスルトノフ教授が、隣国・キルギスの経済動向についてまとめたもの。スルトノフ教授は「日本の学会で評価されることは、私はもちろん、タジキスタンにとってもうれしいこと」と話した。

 同学会は1940年の設立。全国大会と国際大会をそれぞれ年1回開催しており、経済政策学の構築を志す研究者が重要な学問的成果を発表。アジアをはじめ世界でも経済政策学を研究する中核的組織となっている。学会誌として「経済政策ジャーナル」を2003年から刊行している。

 スルトノフ教授は2013年、神戸大大学院経済学研究科博士課程修了。神戸大、大阪学院大勤務を経て15年に公益大准教授に就任し、18年から教授。経済学博士。学生による授業評価アンケートで熱意や分かりやすさに関する項目で高い評価を得、教育指導で顕著な功績があったとして19年3月、公益大学長表彰「ベストティーチャー」を受けている。

 スルトノフ教授は、最貧国の一つとされるキルギスを対象に、05年から労働機会を求めて他国に移動した人による同国への送金の流入と、物価の変動を加味した為替レート「実質実効為替レート」の動的関係を分析。今回の論文ではその結果をまとめた。一昨年12月に投稿、オンラインでの公開を経て今年1月、「経済政策ジャーナル」に掲載された。

 新型コロナウイルス感染症のためオンラインで同5月23日に開催された全国大会総会で表彰。「努力と学問的貢献に敬意を表するとともに、今後一層の研さんに期待する」などと書かれた小澤太郎会長名の賞状がこのほど届いた。スルトノフ教授は「会員制交流サイトで今回の受賞を発信したところ、これまで指導いただいた先生から『うれしいこと』という声が届いた。これからも日本の経済学者とコミュニケーションを積極的に図っていきたい」と話した。

日本経済政策学会学術賞を手にするスルトノフ教授
日本経済政策学会学術賞を手にするスルトノフ教授



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field