文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 6月27日(土)付け紙面より

プレミアム付き商品券で元気回復 鶴岡商議所 市内在住者対象に販売へ

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)が実施する20%プレミアム付きの「商店街元気回復商品券」は30日(火)、鶴岡市馬場町の同商議所1階で販売開始する。同日と7月1日(水)の2日間は同商議所のほか、鶴岡まちなかキネマ(山王町)と出羽庄内国際村(伊勢原町)でも販売する。

 新型コロナウイルスで落ち込んだ消費を喚起するため、県と県内市町村が各商工団体に助成して実施する「地域経済 元気回復キャンペーン」の一環。鶴岡商議所や管内の商店街振興組合・商店会などでつくる鶴岡タウンマネージメント機構(TMO)が発行主体となり、1000円分の商品券6枚セット(6000円分)を5000円で、計1万5000セット(総額9000万円分)販売する。購入できるのは、市内在住者で、1人3セットまで。商品券の有効期間は9月30日まで。

 販売場所と日時は▽鶴岡商議所=30日から7月31日まで(30日―7月3日は午前9時半―午後8時、7月4―5日は午前9時半―午後5時、同6日以降は土・日・祝日を除く午前9時半―午後5時)▽鶴岡まちなかキネマ、出羽庄内国際村=30日と7月1日(時間は午前9時半―午後5時)。駐車スペースは鶴岡商議所が20台、まちキネが120台、国際村が160台。

 購入時には受付票に住所、氏名、電話番号、購入セット数を記入し、本人確認のため身分証明書(運転免許証、健康保険証など)を示す。新型コロナ感染防止のため、筆記用のボールペンを持参し、マスクを着用、釣り銭がないように現金を準備していく。来場者以外の分は購入できない。1万5000セット完売で終了。

 商品券を使える店は今月25日現在、一部のスーパーを含め323店舗。商議所の会員企業のほか、管内の商店街・商店会の加盟店も参加しており、幅広く利用できるという。参加店は折り込みや同商議所のホームページで紹介している。

 同商議所では「会議所の駐車スペースは狭いので、車を使う人はなるべくまちキネや国際村で購入してほしい。買いたい店が参加しているか事前に確認し、有効期間が短いので購入した後は速やかに使ってほしい」としている。参加店は随時受け付けている。問い合わせは同商議所=電0235(24)7711=へ。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field