文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 2月28日(日)付け紙面より

庄内9校16学科で定員割れ 公立高入学試験 全日制志願状況

 県教育委員会は26日、2021年度公立高校入学試験(一般選抜)の志願状況を発表した。推薦入学内定者を除いた平均志願倍率は、全日制が前年度より0・07ポイント低い0・86倍となり、4年連続で1倍を下回った。定時制は同0・08ポイント低い0・37倍で4年ぶりに前年度を下回った。全定合わせた平均志願倍率は前年度より0・07ポイント低い0・84倍で、いずれも記録が残る1998年度以降で最も低い数値となった。

 21年度入試の全日制の実施学校数は、校数、学科数とも前年度と同じ42校98学科。全定合わせた総入学定員は前年度と同数の7280人、志願者総数は383人減の5454人となった。

 全日制の総入学定員から推薦選抜内定者(773人)を差し引いた一般選抜の定員は、前年度より84人増の6227人だった。これに対する志願者数は前年度比359人減の5351人で、志願倍率は0・86倍(前年度比0・07ポイント低下)。

 全日制の42校98学科のうち志願者数が定員に満たなかったのは36校69学科で、前年度より2校12学科増加した。米沢工業の機械と生産デザイン、建築と環境工学、鶴岡南の普通と理数の各学科は一括して志願倍率を出している。庄内地域では9校16学科で定員割れとなった。定時制の総入学定員は5校5学科で一般選抜定員280人に対し103人が志願した。

 県内各校の定員割れが進む現状を受け、18年度から県外からの志願者受け入れを実施している高校のうち、加茂水産は4人、遊佐2人、山形北1人とそれぞれ志願者があった。

 庄内地域での高倍率の学科は鶴岡工業の情報通信科が1・61倍と最も高かった。このほか酒田東の探究科が1・60倍と志願者を集めた。

 21年度一般選抜の傾向について県教委は「前年度に引き続き、探究科や普通科探究コースの志願者が多かった。また、県内の人口減少、少子化の影響を受け全定合わせた一般志願倍率が昨年に続き1倍を下回った」としている。

 一般選抜の学力検査は3月10日(水)に国語、数学、社会、理科、英語の5教科で実施する。一部の高校は11日に適性検査を行う予定。合格発表は同17日(水)に行われる。

 庄内地域の学校別合格発表予定時間は次の通り。

 ▽午後3時=鶴岡南、鶴岡北、加茂水産、庄内農業、庄内総合、遊佐
 ▽午後3時半=鶴岡工業(定時制含む)
 ▽午後4時=鶴岡中央、酒田東、酒田西(定時制含む)、酒田光陵

志願状況
志願状況



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field