文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 11月23日(火)付け紙面より

JA鶴岡 だだちゃアリーナ竣工

 鶴岡市が大山工業団地に整備したJA鶴岡だだちゃアリーナ(市屋内多目的運動場)の竣工式が21日、同市山田の同施設で行われた。広さ約3600平方メートルの県内最大級の人工芝アリーナを備え、12月1日にオープンする。

 竣工式には関係者約50人が出席。皆川治市長が「競技力向上と健康づくりに取り組む生涯スポーツの拠点として、多様な交流を図っていきたい」とあいさつ。愛称公募で命名者となった3人に感謝状を贈呈。ネーミングライツ(命名権)パートナーとなったJA鶴岡の佐藤茂一組合長が施設利用への期待を込めてあいさつし、関係の代表者らがテープカットした。同市などの児童生徒が加入するチアダンスクラブ「シューティング・スターズ」の子どもたちがポンポンを手に笑顔で元気なダンスを披露し、施設の完成を祝った。

 この日は午前と午後に分け、オープニングイベントとして、市民対象のウオーキング、小学生向けのトレーニング講習も行われた。

 施設は鉄骨造り2階建て、延べ床面積約5400平方メートル。総事業費は用地代を含め約21億円。1階アリーナはテニス4面、フットサル2面、ゲートボール8面を取ることができる。軟式野球、ソフトボール、グラウンド・ゴルフ、運動会など各種スポーツ行事などに利用でき、ネットで仕切ることで複数の競技などの活用も可能。1階会議室、卓球やダンスなどができる2階ホールを含め、利用は有料で予約が必要。2階のアリーナ外周部には1周230メートルのウオーキングコースがあり、無料で利用できる。

 12月のアリーナ利用予約は、週末を中心にほぼ満杯という。問い合わせは市スポーツ課=電0235(25)8131=へ。

テープカットで施設の完成を祝った
テープカットで施設の完成を祝った

人工芝アリーナでチアダンスクラブの子どもたちが記念演技を披露
人工芝アリーナでチアダンスクラブの子どもたちが記念演技を披露



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field